ひめじ芸術文化創造会議 のWEBサイト

シェア

〔役員の活動〕「ド・レ・ミ♪のハッピーゴール!」参加報告/染井吉乃幹事

公開日時 : 2021年08月31日

染井吉乃幹事より、令和2年度の活動報告(イベント参加報告)がありましたので掲載します。

〔役員の活動〕「ド・レ・ミ♪のハッピーゴール!」参加報告/染井吉乃幹事

2021年3月14日、「ド・レ・ミ♪のハッピーゴール!」と題した音楽イベントが姫路駅前北広場の東西野外ステージにて開催された。主催は子育て支援グループ「ほのぼのさん」、後援は神戸新聞社。

「このコロナ禍であれも出来ないこれも出来ないと諦めるばかりではなく、コロナ禍だからこれが出来る!という事をやりましょう」という代表・澤崎美重子氏の思いに染井も賛同し、スタッフ及び出演者として参加した。



幅広い参加者

2020年12月に開催されたオーディションで選ばれた4歳~11歳児童を中心に出演。同主催の過去公演に参加経験がある子供以外に、今回が初舞台となる子供も居た。演奏は、プロ・アマを問わず幅広く活動中のミュージシャンが行った。

年齢も経験も様々な老若男女がコミュニケーション・ワークショップなどを通じて交流し、演劇によって一つになることができた。また、プロによる歌唱指導を受けることで、出演者それぞれに学びの機会となった。



コロナ禍下での稽古

稽古場では検温・消毒・マスクの着用・換気などを徹底し、歌唱と演奏の稽古をそれぞれ別室で行うなどした。またWEBミーティングツール(Zoom)を取り入れた遠隔稽古も活用した。



イベント当日

晴天に恵まれ、出演者の家族・友人らの他、多くの通行人が足を止め、音楽とダンスを楽しんだ。子供たちはミュージカルソングや澤崎氏が作詞作曲したオリジナルのイベントテーマソングなどを歌った。出演者と観客が一緒に歌うシーンもあった。



参加した感想

今回私は出演の他に演技指導担当として参加したが、指導の難しさを体験することができた。

コロナ禍下でのイベントは、一次募集の時点で応募が定員に満たないなど、様々な課題があったが、逆風の中でこそ頑張る意義も見いだせたように思う。

本番の様子は姫路ケーブルテレビWINKやYouTubeで公開された。オーディションから本番までのドキュメンタリが今後公開予定(現在編集中)である。


文責
染井吉乃